2015年11月25日

想像猫」ユ・スンホ、3年ぶりのドラマ出演…国民の弟から口説きたくなる男へ(総合)

“国民の弟”と呼ばれ、多くのお姉さんたちの胸をときめかせたユ・スンホが
これからは“コプンナム”(口説きたい男)になると見られる。

24日午後、ソウル汝矣島(ヨイド)IFCモールにて開かれた
MBC every1新ドラマ「想像猫」の制作発表会で公開された映像を見ると、
ユ・スンホは除隊後より一層成熟し、しっかり者になった。

この場には演出を担当したプロデューサーのイ・ヒョンジュと
俳優ユ・スンホ、ハン・イェリ、チョ・ヘジョン、
MAMAMOOのソラなどが出席し、ドラマについて気になるところを解消してくれた。

「想像猫」はそれぞれ違う傷を抱く人間と猫が
一緒に生活しながらお互いの痛みを癒していくストーリーで、
人間が考える猫、猫が考える人間の内面を細密に描写したドラマだ。

ユ・スンホが除隊後初の復帰作として選んだドラマで、制作段階から関心が高まった。

ユ・スンホは猫のように自己愛が強く、
人との交流が苦手なヒョン・ジョンヒョンを演じる。

彼も猫が好きであまり悩むことなく出演を決めたという。

「僕は動物をとても愛している。
この作品に出演した理由も猫に対して
良くない視線を持っておられた方々の認識が変化することを願うからだ。
それで出演する決心をした」と出演の理由を語った。

彼は軍服役中、非常に演技がしたかったと話した。

「僕は(軍隊の)中にいたとき、テレビを見なかった。
見るのがとても嫌だった。
僕も前はあのように演技をしていたのに
『なぜ僕がこの中で氷を削って仕事をしているのだろうか』という思いで大変だった」とし
「でも、除隊後良い作品に出演することになり非常に感謝しているし、気分がいい。
僕の欲かもしれないが、これからも着実に作品に出演したい」と抱負を語った。

r.jpg5.jpg

r.jpg6.jpg

r.jpg7.jpg

スッゴイイケメンになってしまって・・・

太王四神記 のタムドク王の少年時代を演じたので

親しみがあります。

キーイーストに入らないかなぁ52434.gif




posted by truth at 02:09| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430205123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック