2016年01月29日

パク・スジン「Tasty Road」を離れる感想“身に余る愛、幸せでした”

女優パク・スジンが6年間進行を務めてきたケーブルチャンネル
O'live TV「Tasty Road」から降板する感想を伝えた。

パク・スジンは28日、Instagram(写真共有SNS)に
「ここ6年間『Tasty Road』とパク・スジンを変わることなく
応援してくださった視聴者の皆さん!
心から感謝いたします」と始まる書き込みを掲載した。

続いてパク・スジンは
「そして一緒にしたMCたちと制作スタッフの方々にも
心から感謝申し上げます」とし
「『Tasty Road』と一緒に成長したと言っても過言ではないほど、
私にとっては決して忘れられない思い出と愛を頂いた時間でした。

身に余る愛に本当に幸せでした。

これから新しく始まる『Tasty Road』にも
大きな声援をお願い申し上げ、私の新たな挑戦も楽しみにしてください。

週末には『Tasty Road』で遊ぼう」と名残惜しい気持ちと感謝の気持ちを伝えた。

これにネットユーザーたちは
「寂しいです」
「残念です」
「愛してます、お姉さん」などの反応を見せた。

1454074429315.jpg
25日のツイッターより。 アラモアナのオープン前の
エルメスショップの前の辺り

FB_IMG_1453967754207.jpg




posted by truth at 22:04| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433164235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック