2016年06月28日

キム・ミョンミン「またフォンダンフォンダン」

俳優ペ・ヨンジュンが映画製作者として手ごわい申告式を行った。
彼と合作した俳優キム・ミョンミンは
「フォンダンフォンダン」に近い興行パターンを再描いている。

映画「特別捜査:死刑囚の手紙」
(監督グォンジョングァン・製作コンテンツケイ・写真)の制作者である
ペ・ヨンジュンと主演俳優キム・ミョンミンが
満足するほどの成果を上げられことができず物足りなさを残している。

16日に公開された映画は、27日までに約100万人の観客を集めるにとどまった。
スタープロデューサーとスター俳優の出会いで企画段階から関心を集めた映画は、
「甲」に向けた「を」の一本勝ちを描いた冷静な観客の
目の高さに正しくが届かなかった雰囲気だ。...

実際にペ・ヨンジュンは、長い間、映画製作に興味を明らかにきた。
長い準備の末に「特別捜査」を企画して推進した。

前ドラマ製作者に、まず変身してKBS2TV「ドリームハイ」シリーズの成功を導いた彼は
テレビ劇場とは異なり、スクリーンでは、興行予想を外れてしまった。

現在の劇場街の状況を考慮すると、「特別捜査」は、反発を狙うも容易ではない。
ボックスオフィス1位、2位を掌握したハリウッドブロックバスター
「インディペンデンス・デイ:リソジェンス」と
「ジャングル・ブック」をはじめ、
29日、キム・ヘスの「グッバイシングル」とチョ・ジヌンの「狩り」など新作が公開するからである。

映画の主人公キム・ミョンミンもアスィプギヌン同じ。
ドラマとは異なり、出演映画では興行偏差を大きく見せ
「興行」と「失敗」のパターンを繰り返して行われる、
いわゆる「フォンダンフォンダン」の状況を演出している。

実際に2011年に「朝鮮名探偵:トリカブトの秘密」は、478万人を動員したが
続いて出した「ペースメーカー」は、46万人にとどまった。

その後も「ヨンガシ」(451万)の成功と
「スパイ」(131万)の不振を相次いで経験し、
昨年「朝鮮名探偵:消えたノブの娘」(387万)に戻って興行を味わいましたが、
その成果を「特別捜査」とイオガジはない雰囲気だ。


無題.png118.png

特別捜査」不振...興行꺠↔꺠失敗を繰り返し

ペ・ヨンジュンも初製作映画で書いた申告式


思うんですが

制作側に回ってしまわずに

ヨンジュナーがこの役をやれば良かったんじゃないんでしょうか97286.gif

posted by truth at 22:29| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック