2017年04月06日

「ドリームハイ」韓国初のゴールデンローズ最優秀賞を受賞!2012年05月11日17時49分

KBSドラマ「ドリームハイ」(演出:イ・ウンボク)が
ゴールデンローズ賞受賞式で韓国初の青少年部門最優秀賞を受賞した。

「ドリームハイ」は10日、スイス・ルツェルンで開かれた
ゴールデンローズ賞授賞式で、韓国作品初の青少年部最優秀賞を受賞した。

これに先立ち、今年2月末にゴールデンローズ賞事務局は、
決戦進出作品を発表するノミニーナイト(Nominee Night)を通じて
「ドリームハイ」を青少年部門決勝進出作品に選定した。

当時ノミニーナイトでは、全12部門36のプログラムを選定し、
オーストラリア、ベルギー、ドイツ、イギリス、オランダ、カナダ、
ノルウェー、スペイン、韓国、米国のプログラムが選定され、
アジアでは唯一KBSの作品が選定されたことがある。

2011年に放送された「ドリームハイ」は、
情熱的な踊りと歌が織りなす青少年の成長ドラマであり、
キム・スヒョン、2PMのテギョン、miss Aのスジ、IUなどが出演した。

ゴールデンローズ賞は芸能バラティー番組の専門性とクリエイティビティーを奨励し、
制作スタッフの交流促進を主な目的としたエンターテインメント番組専門の国際賞である。

1961年にスイス放送会社の夏季特別行事として始まり、
世界的な国際賞として発展した最も歴史と権威のある賞であり、
イタリア賞、エミー賞、バンプ賞などと共に世界的に権威ある国際賞である。

KBSは2010年のテレノベラ部門に「ソル薬局の息子たち」、
ゲームショー部門に「挑戦ゴールデンベル」、
2007年同部門に「スポンジ」、
2006年リアリティー部門に「ハッピートゥゲザー−フレンズ」が本選に選ばれたが、
決戦に進出し最優秀賞を受賞したのは「ドリームハイ」が初めてである。

imgc_excite_co_jp184.jpg


懐かしいですね。

改めて

この作品は素晴らしかったのだなぁ と97070.gif

でも随分前の様に感じます。

1年がとても早く感じているのに

ヨンジュナーとの思い出は

とても早く記憶の中から過ぎ去っていきます84484.gif




posted by truth at 00:46| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448761322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック