2017年08月05日

[エンタービーズ]シンヒョジョン代表キャリアに欠かせない一人、ペ・ヨンジュン

「パートナーズパーク」
シンヒョジョン代表のキャリアでペ・ヨンジュンは、本当に欠かせない人物である。

シンヒョジョン代表がキーイーストで引き受けた学習絹ペ・ヨンジュンだけではないが、
シンヒョジョン代表が今に至るまで、
あらゆる機会を作ってくれたのがまさに'ヨン様'だったからだ。

新代表は、2005年秋BOF広報に入社した。
当時は「冬のソナタ」で「ヨン様」の人気がすばらしかった。
私はその直前、英国留学中のロンドンで日本の友達が私に
「ヨン様をない」と聞いて韓流パワーを初めて感じた。
そうしてしばらく韓国にきたが、
BOFの広報室のスタッフを選ぶという言葉に入社支援をして、
4次面接を見て入社した。
最終面接を「ヨン様」が直接した」と述べた。

また、2011年からマネージャーとして業務を完全に変えたが、
この時もペ・ヨンジュンこの機会を与えた。

「ペ・ヨンジュン氏の日本出張中の夕食をする機会があった。
それは私に「マネージャーが考えないか。
あなたのような人がマネージャーが時代が来たようだ」とした。

だから、私の最初の俳優がペ・ヨンジュン氏であった。

そしてイム・スジョン氏が第2、
第三の俳優がキム・スヒョンになった。
運が良かった。


[スポーツソウルジョソンギョン記者]

韓流スター、ペ・ヨンジュンとキム・スヒョンのマネージャーとして活躍し、
日本と中国内の韓流を自ら体験した特別なノウハウの所有者が
この大俳優を置いて会社を出て、自分だけの道を歩き始めた。

パートナーズパークのシンヒョジョン(38)代表だ。
ペ・ヨンジュンの所属事務所であるキーイーストで広報に仕事を始めマネージャーに転向、
大型俳優を引き受けた彼は突然辞表を出し、数ヶ月ぶりに直接マネージメント社を設立し、
業界に非常な関心が集まっている。

シンヒョジョン代表を直接会って話を聞いてみた。

- 突然キーイーストをやめ置いても驚き、また突然新会社をチャリョソ再び驚いた。

一仕事で13年間ずっと通ってみると排出される感じがあった。
充電が必要だった。
ここでさらに発展したい個人的な欲もあった。
勉強をもっとしたい考えだった。
現在大学院休学中なので大学院の研究を終えたい考えだった。
エンター側の仕事をしたいという気持ちで十分おいたのはなかった。
マネ―ジャー経歴がない私にマネージャーを許可ペ・ヨンジュンさんも本当に驚くべきだ。」

ところが休憩中(モデルエージェンシーである)
エージェンシーガルテンキム・ジョンハン代表に会うになった。

最近はあまりにもモデルが演技者に転向して活動をたくさんする。
エージェンシーガルテン所属モデルもそんなニーズが多く、
俳優マネージメントを必要とする状況であった。
会いみる私の魅力を感じました。
互いに力を合わせてみようという気持ちに開始した。
だからエージェンシーガルテンと所属モデルと資源を共同で活用する
マネジメント業務協約を締結した。

キーイーストの終了前から新しい会社を取り戻し、
心を持っていなかったのかという疑問もありますが
、全くそうではなかった。
本当に偶然に思いがけず良い人々と心が通じるようになった。

- 会社紹介をしてくれ。名前はどのようにかと。
常に仕事をしてみると、私の隣で働く俳優、マネージャーたち、
関連会社が重要であると考えた。

13年の間にあるし、これらが私のパートナーだと思った。
だからパートナーという言葉が好きな人として会社名で書きたいと思っ。
そしてパークは、パートナーに公園のよう開いていて、
誰でも来て楽しく来て働くことができる空間を追求するという意味である。
パートナーが楽しい作業スペースを夢見ながらパートナーズパークとした。

会社のビジョンは、「幸せな未来に向けたパートナーとの同行」である。

だからインタビューずっとペ・ヨンジュンの感謝の気持ちを表現した新代表は
「ペ・ヨンジュンさんが会社を出るときにも何度引き止めてくれた。
本当に心の借金をしたようだ」と申し訳ない気持ちを表わした。



a2017080201000135200007172.jpg

a2017080201000132700007091.jpg

2011/11/17 15:00


【イノライフ】ペ・ヨンジュン、初めて女性マネジャーを起用!


posted by truth at 23:25| 愛知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。